CMA-TUNED

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Quickening

ロボットランサーの大会を見学してきました。
CA3K0476.jpg

想像していたよりも参加者が多く、
想像していたよりも多種多様なマシンが参加していました。

ライントレースではあるもののMCRともロボトレースとも違う雰囲気、
参加のしやすさでは一番な印象。

アイデアはいくらでも出てくるので絞っていかないと形にならずにまた1年過ぎてしまいそう。
そう思う位に色々な事をやっているマシンを見た。

なかなか会場を沸かせるマシンというのも楽しそう。
凄い事をやった時に会場全体がヒートアップする感じはやはりあったほうが良い、
見る側もやる側もとても楽しそうだ。


その他最近の出来事
木材を加工して机や棚を作成、木はとても優秀な材料だと思う、天然のFRP?

久しぶりにレンタルカート、安全に車を振リ回せるので楽しい。
CA3K0422.jpg

30日の大会に向けて少しづつ調整やメンテナンス、微速前進。
CA3K0412.jpg

CA3K0413.jpg

one or eight

CA3K0411.jpg

今はMCRで自作サーボを作る際にRE16を使う割合は減ってきたと思いますが
サーボの機構を作るのは最初はやはり難しいので
RE16+ギヤヘッドをサーボに使用したマシンも多く見かけます。

定格電圧の倍以上掛けて使う場合が多いと思うのでやはり寿命も本来のものよりだいぶ短いです。
破損してしまった場合高価なので予備をストックしておく事もあまり出来ないのと、
注文してから来るまでにある程度の時間が掛かるので大会前にモーターが破損すると
なかなか厳しい状況になります。
貴金属ブラシの場合ブラシが破損しただけであれば修理できるので今回はその方法を紹介します。

とりあえず開けてみましょう、適当なマイナスドライバーをグラインダーとかで削って
ブラシホルダーをとめている爪に合う様な形状にして開けます。
※結構力技ですが手が滑ってマイナスが手に刺さると結構大変なので慎重に!

材料は壊れたモーターと指定モーターの中のブラシに使用されている銅板です。
銅版を必要な形にハサミで切ってプライヤーで成型しなんとか元の形を再現します。
中のスペースが狭いのでなかなか難しいですが
上手く行けばモーターが復活するので頑張りましょう。
デフォルトのブラシは折れ曲がっているので指定モーターブラシの
折れ曲がっている部分を利用して作ると良いです。
出来たら元の端子に上手くハンダ付けしてテスト運転です。
写真は失敗した物です、上手くいったものが取り外しが大変だったので。

最初は半信半疑でやってみた修理ですがうまくやると
元のブラシとほとんど変わらない性能に出来ます。
これで大会に出たこともあるのでブラシが駄目になった
マクソンを持っている人は挑戦してみましょう。

※グラファイトブラシは上手く直すことが出来ませんでした、出来た人が居たら教えて下さい。
※モーターをロックさせて破損した場合コイルが切れたり変形しているケースや
コミュテーターが熱で変形している事がありますがそれらはブラシでは元に戻りません。

最近気になった部品

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-06157/
変な形だけど悪くなさそうなモーター。
定格電圧が高めだけど試しに買ってみてもいいかもしれない。
作りがなかなか面白い。

http://strawberry-linux.com/catalog/items?code=12060
RS-Rに使ったDCDCコンバータ。
センサ発光側の電源と制御の電源の元を作っている。
電圧が足りなかったら上げて多かったら下げてを自動でやってくれて
電流も沢山取れるし機能の割にとても小さい。
これからも何度も買うことになりそう。

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-05061/
角型白色LED。
コストパフォーマンスがとてもいい。
これで何でも光らせたくなる。

http://www.originalmind.co.jp/goods/03282
AZ-1から使い始めた軸受け。
回転以外にスライドも受けられるので便利。
思ったより耐久性もある。
前にも紹介したかもしれない。

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-04311/
最近買いまくっている赤外LED。
不満は無いけどもっといいの有ったら教えてください。

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-04211/
セットで使っているフォトトラ。
悪くないけどばらつきは結構有るような気がする。
使い方が駄目なだけかもしれない。

http://www.tamiya.com/japan/products/75026mini_motor/index.htm
割と最近見かけるようになったモーター。
試しに一個買ってみた。
定格は3Vだけど4セルで回しても全然余裕な感じ。
トルクもかなり強い。固定穴も開いているので使いやすそう。
カーボンブラシなのもすばらしい。

http://kyoshoshop-online.com/kyosho/goods/index.html?ggcd=DSP4009&cid=Dslot
上のモーターがケースが長くなってコイルが細くなった感じ。
9Vで回すようなので定格は6V位なんだろうか。

https://eagleonlineshop.com/eagleshop/shop/ShopProductDetail.aspx?id=3375
コイツは駄目でした。見た目が凄そうなだけ。
効率悪すぎるしばらつきも大きい。
手直しに掛かる手間も大きいし大した性能にならない。
プラズマよりはマシか。

http://www.eaglemodel.com/jp-net/jp-cont/on_new13/B0241-parts.html
リストの真ん中より少し上辺りに載っているモーター。
ロッシの24分の1RC用。かなり地雷っぽいので買っていません。
買わなくていい気がする。

http://www.powers-international.com/international/powers/pjbb.htm
以前から良く使っているベアリング。
安かろう悪かろう。
でも安さの割にはそれほど悪くは無い。フランジ付が特におすすめの値段。
取り外しで無理にこじったりすると簡単に割れるので品質としてはやはり良くない。
沢山買ってバシバシ使い捨てる感じで。

http://sengoku-akb.jugem.jp/
部品ではないけど千石のブログ。
しょっちゅう行かなくても時々面白い物が紹介されているのでおすすめ。

オススメの道具と整理整頓。

オススメのパソコンです。

CA3K0010.jpg

間違えました、これはHEW動きませんね。

ここからはホントです。

CA3K0018.jpg

AZ-1に使っている昇圧回路はこれに入っています。コンビニで600円くらいで売っています。
色々種類があるので試しに色々な物を買ってみましたがこれが一番いい感じです。
ドコモ用がピン配置が使いやすかったです。
電源と別に出口側に3本端子がでていて端と端を短絡させると動きます。短絡させた端子は
グランドと共通になります。真ん中の端子から+5Vが出ていてそれなりに波打っているので
コンデンサを並列に置くと良いです。基盤のサイズもうろ覚えで10mm×20mm×5mm
位しかないのでどこにでも収まる感じです。単三電池2本で白や青のLEDを光らせたい時、
マイコンを安定して駆動したい時、FETを駆動したい時等結構便利だと思います。
電流も300mAくらいは取れるのでかなり高性能です。
電源電圧が十分であれば400mA以上取れるようです。
ただ基盤が安物のようでかなりパターンがはがれやすいので注意が必要です。

CA3K0020.jpg

元マイナスドライバー達です。
個人的にマイナスはネジを回す事もたまにありますが世の中の大半では物を叩いたりこじったり
剥がしたりするのに使われると思っています。
ので安いドライバーセットを買ってグラインダー等で先を削ってモーターの缶のカシメを
開ける道具にしたりしています。先を鋭利に削ると使いやすくはなりますが
怪我をした場合も大変なので気を付けて下さい。モーターの缶を開ける時は
カッターマット等の滑りにくい物の上でこじる側を下にして開けると怪我をしにくいです。

CA3K0025.jpg

最近買ったオイルです。前から気になってはいたんですがちょっと高めだったので。
小さくて使いやすそうな缶があったので衝動買いしました。
定番といわれるだけのことはあります。ケミカルの一流メーカーといわれるだけの事はあります。
使った感想は文句無しです。ベアリングの回転を軽くしたい場合
これを定期的に刺しておくのが良さそうです。
http://beeannex.jp/shopdetail/039015000043/brandname/
ノズルも折りたためてとても作業がしやすいです。
カタログを見ているとどれもこれも欲しくなってくる感じですが
値段を見て止めておこう毎回と思います。
次は同メーカーのフッソオイル105辺り樹脂パーツに試したいです。かなりお高いですが・・・

上で紹介したマイナスで溜まっていた中古モーターを分解して
使える部品は回収し整理整頓しました。
面倒でなかなかやらないのでどんどん溜まっていくんですが
消耗したモーターがいくらあっても役に立たないので一気にやっつけました。

CA3K0027.jpg

コアです、手裏剣とか呼んでますが。普段は捨ててますが今回は回収してみました。
好きな枚数重ねればモーターの特性を大幅に変えることも出来ます。

CA3K0028.jpg

その他部品たち。
左から磨耗していない3mmコミュテーターとカーボンブラシ、
磨耗したコミュテーターから取った芯と樹脂のシム、金属のストッパー、
一番重要なシャフト、
なんとなく開いている場所、
磨耗しているけどまだ使えそうなブラシとマクソンモーター修理用の材料です。

シャフトはモーターを捨てる場合回収すべきです。
1本1gほどありますがとても頑丈で表面も研磨されていて稼動部分を作るときに便利です。
多少無理な設計をしても支えている方の部品が折れる程でとても優秀な材料なのでオススメです。

シムの類もクリアランス調整に便利です。ガタが無いのがいいですね。
コミュテーターの芯も切ってスペーサーやスリーブにします。
割と頑丈で耐熱性もそこそこありつつ樹脂の軽さなので便利です。

MCRでもステアリングのモーターは制限されていないので
チャレンジ精神のある人は自分で作ってみるのも面白いと思います。
勝ちに行くにはやはり厳しいですが自作サーボの練習としてはむしろ良いと思います。
コアレスモーターを使用しない自作サーボの高性能化についても記事にしたいと思います。

というわけでモーターの残骸がかなり片付きました。

CA3K0029.jpg

特殊サイズのモーターも秋葉原をうろうろしていると結構売っています。
安いとつい衝動買いしてしまい性能が良いと無くなる前に確保とばかりに在庫の残りを聞いて
次に来た時まとめ買いしたりしてしまいます。
このあたりいい材料をコストをかけずに手に入れる駆け引きなんかも
工作で物を作る醍醐味かなと思っています。

ハイテクとハイメカ

http://otonanokagaku.net/magazine/vol33/
これは実に面白い!全部メカでどうにかしている。
ハイテクではなくハイメカだ。
言うまでも無く自分は後者の方が好きです。
更に言うとシンプルイズベストみたいな機械はあまり好きではありません。
実際にはそうでないのはわかりますが楽して得してるみたいな印象がどうしても拭えないので。
そこまで洗練するのに掛かった労力を考えればそんな言い方はナンセンスなんですけどね。
でもやはり複雑なメカで一長一短だった部分を一石二鳥にしてしまうような機構はいいですね。

冒頭の付録ですが。
欲しい!と思ったけどいくらか部品が買える値段なのでやめました。
どうしても欲しかったら自分で作ります。

«  | HOME |  »

Calendar

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

CMA-

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。