CMA-TUNED

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい車体を設計する時に気にするポイント。

ちょっと間が開いてしまいましたが以前の記事の続きです。
車体の設計は最初はどこから手をつけて良いのか、
どこを気にしたら良いのかわからないのが普通だと思います。
この辺りは経験が効いてくるのでひたすら頑張るしかないのですが、
いくつか私なりのアドバイスを。


まずは普通の形から。

ロボットを作る場合大体の人が奇抜なマシンで個性を発揮したいと考えがちです。
私ももちろんそうです。これは悪い事ではなくむしろ良いと思いますが
いきなりこれをやってしまうと苦労が多いので(使う予算や時間も多くなるという事です)
やはり最初はスタンダードな形を試した方が良いでしょう。
調整を続けているとどうしても不満な点が出てくると思います。
そうなってから自分なりの改良を行っていくと良いでしょう。


変更は大胆かつ慎重に。

車体の作りを変える場合最初の内は少し変えても少しの変化しか感じられないので
思い切った変更を試した方が多くの結果を得られます。
ただ新しく作り直す場合それなりに色々なものを消費するので
設計から製作までの間に色々調べてその変更がどう性能を変化させるのか、
他の人の前例等も参考にしながら何度も見直すと良いです。
ここの見直しは慎重になればなるほどいい車体が出来ると思います。


見た目の事はちゃんと走ってから。

MCRはロボットですが車輪で走る以上は車なので
見た目を気にしたくなる気持ちは分かりますし、私も見た目が良くなるように設計しています。
ただその前提にある考えは、見た目の良さは後から付いて来る。という物です。
理に適った速く走るマシンは意識せずとも見た目が良くなるという事です。
見た目の問題は個人差もあるのであまりはっきりとは言えませんが見た目に気を使う前に
性能に気を使うのが順序としては正しいでしょうという事です。


速く走る前に壊れない車を。

これはもう説明の必要はあまり無いと思います。
壊れやすいが速く走る性能を持った車を初心者が作っても
調整して速く走るようになる前に壊してしまい意味が無いです。

気に留める点としてはこんな感じで私はやっています。
次はもう少し具体的な部分についても記事にしようと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cma3249.blog.fc2.com/tb.php/44-e010efd2

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

CMA-

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。