CMA-TUNED

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型ドライブ基盤

CA3K0043.jpg

ドライブ基盤を作成するのは数年ぶりなので(何年前か覚えていない)
結構大変でしたがせっかく作り直すので思い切った仕様にしてみました。

以前の基盤からの変更点

CPUをR8マイコンボードに。
材質がベークライトからガラスコンポジットに進化。その分板厚を薄くして軽量化。
とりあえず2WD仕様。
重量は基盤とCPUで200gくらいから60g台へ。
電源は単三電池2セル。
駆動モーターサーボモーター等全て130サイズを想定。
モータードライブHブリッジ回路をNchFETのみで構成。
ディップスイッチを沢山つけなくても多数の走行設定が変更可能。
SDカードでの走行ログ取得機能搭載。
遠距離センサ駆動を想定。
相変わらずドライブ基盤は黒く塗りましたが今回はCPUも黒く塗ってみました。
(型番やメーカ等部品の記号やメーカー名の部分は
マスキングして見えるようにしてあります。)
主にポジションセンサ用コネクタ3個追加。


しかし相変わらず感光基盤での手作り仕様です。
モータードライバは3ch全て無事動作しました。
CPU上のDIPスイッチで設定項目を選択し赤と青のタクトスイッチとLEDで
走行設定を変更しR8マイコンのメモリに保存しています。
まだSDカード関連の部品をいくつか実装していませんが果たして大会までに
そこまで完成するのか不安です。
それと電源の単3バッテリー2セルがどこまで頑張ってくれるか気になります。
基盤やモーターパワー的には余裕です。
もしどうしようもなかったらニカドに頼るかもしれませんが
出来るだけモーターのセッティングで頑張ります。
使おうと思って買ったモーターが非常にハイパワーな仕様だったので
大分おとなしくしたつもりなんですがまだリセッティングが必要かもしれません。

これが上手くいったら4駆仕様とかその他色々変なマシンを構想中です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cma3249.blog.fc2.com/tb.php/28-38dd9430

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

CMA-

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。