CMA-TUNED

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CONTRACT

動画をいくつか撮ってあったので載せておきます。





スポンサーサイト

Innocent Walls

2014年マイコンカーラリー競技会&技術交流会参加してきました。
CA3K0272.jpg

CA3K0160.jpg

参加クラスはセンサアーム無しという事で画像処理マシンと同じクラスに。
結果は予選22位、決勝進出ならず。
今回は大会全体のレベルが非常に高くタイム差がとても少ないし、
上位のタイムは更に速くなっていてとても面白かった。

画像処理クラスでは2位という事でRMCRでは初の入賞。
しかし1位のマシンは総合においても1位、
アーム無しだからといって有利不利という事は言えない。

走行のログを見ているといろいろとつまらないミスをしていて勿体無い。
今回はコース記録は使わなかったが、
直線の速度を最後にダメ元で5、7m/sに設定してみたら
意外に完走してしまった。
アームが無いと進入速度はけっこう速くてもいけるのかもしれない。

夏までには車体は新規に作り直す予定。


それとは別に一台新車を作成。
サーボを指定モーターでリーズナブルに済ませるが
性能面は工夫でどうにかする、というコンセプトで。
一応JMCRレギュのデモカーです。

CA3K0247.jpg

CA3K0248.jpg

CA3K0249.jpg

CA3K0204.jpg

CA3K0193.jpg

CA3K0192.jpg

CA3K0171.jpg

CA3K0190.jpg

サーボモーターはJMCR指定モーター3つ。
3段減速でギヤ比  65.85
ホイールベース    185mm
駆動形式       AWD
駆動ギヤ比      10:72
車重          約680g
バッテリー      エボルタE 8セル
センサ、制御基板  自作
マイコン        JMCR指定R8マイコンボード

CA3K0240.jpg

センサはパルス発光で差分を取るタイプを自作してみた。
中心のセンサは先読みのような形になっていて
少し先の部分の反射を読むようにしてみた。
これでスタートバー検出と中心のセンサ、
反射率の変化でアップダウンの検知も行える、予定。

大会にも持っていったが割と好評だった。
このマシンは一応走行可能な状態までは完成している。


もう一台作成途中のマシンを持っていったがこっちの方が評判が良かった。
CA3K0207.jpg

CA3K0187.jpg

CA3K0208.jpg

CA3K0186.jpg

センサアームが無くなったのでこれはやってみたいなと思っていた
二輪車型MCRマシン。
無謀と思われるかもしれないが無策ではない。
まだ制御基板は出来ていないがメカ的な自立安定性で
直進が出来るところまでは実験済み。
これも製作を進めて行きたい。

http://a.hatena.ne.jp/robotena/
マイコンカーのアンテナサイトが新しくなったようです。
マイコンカー以外の記事も表示されるようになって便利になりました。

 | HOME | 

Calendar

« | 2014-04 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

CMA-

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。