CMA-TUNED

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初代キットマシン

ブログ作ったけど閲覧数がいまいちじゃー。ってYukiに相談したら
何やってる人か分かり辛いからじゃないですか?と的確なアドバイス。

というわけでちょっと気が進まない感はあるけど
歴代マシンと戦歴(うろ覚え)をつづっていこうかと思います。

まずは1台目に組んだキットマシン。

ベーシック1

高校でロボ研があるということなのでとりあえず入部。
部員たちの士気の低さにがっかりししばらく放置していたが
大会があるとの事なのでとりあえずキットを組み立ててみたマシン。
初めてライントレースというものを知ったのもこのマシンを通して。
これ以前はトランジスタがなんなのか良くわかっていない、
かつHTMLすら書けないような知識レベル。

作り始めは大会3日前。
なんとなくパラメーターだけの調整の仕方を教わりそれなりの設定を出すも
今思えばドライブ基盤がV2なので逆転が出来ない。
クランクの減速調整がなかなか厳しかったのを覚えている。
他の部員たちのマシンの動きを見ていてローギヤの方が機敏に動けると判断し
大きいギヤ比を選択して組んだ。
センサアームの剛性と重さが何しろ重要だと感じたので手短にある素材で
箱の紙をセレクトした。安いしいろんな形状を試せるのでなかなか悪くなかった。

大会の練習走行日に大きなコースでトップスピード不足を感じ
急遽小さな方のギヤ比に組み替えて再調整。
練習走行の日は昼食の時間も調整に使ったので
なかなかにハードだった。

この頃はレーンチェンジもベーシッククラスもなかった。
1台だけどうにも勝てないマシンが居たのでそこは諦め
堅実な走りに切り替える。
タイムアタック部門は予想通り2位だった。
トーナメント戦も無理をしても追いつける相手ではなかったので
無難な設定で走らせた。
一番速かった車は若干不安定なように見えたので
勝機はまぁまぁあると踏んでいた。
結果トーナメント1位。
その後S氏のデモ走行を見て驚愕し同時に闘志に火が付く。
スポンサーサイト

 | HOME | 

Calendar

« | 2012-04 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

CMA-

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。